よくあるご質問

 中心軸とは何ですか?

中心軸とは、スポーツ、武道、格闘技、ダンスなど、様々な分野で重要とされてきたものです。体軸、正中線、センターなど、各分野で呼び方が違い、動きの中心や動きの要(かなめ)となる軸です。そして、重要でありながら解剖学的に存在する軸ではなく、意識によって作り上げられる軸です。

 

 中心軸が出来ると、どうなるの?

中心軸ができると、文字通り、動きにブレがなくなります。そのため、動きに無駄がなく、力の滞りもなくなるのです。 それに、軸ができると自然と、筋肉から余計な力を抜くことができるようになります。 いわゆる武道の世界などで言われる「脱力した状態」になることができるのです。
ちなみに脱力した状態は、「力が抜けた状態」ではなく「力を抜いた状態」のことです。そのため、好きなように力を入れたり抜いたりすることが出来て、体をスムースに素早く、そして力強く動かすことが出来るようになります。

 

 中心軸が整うと、他のトレーニングは必要なくなりますか?

アクシスメソッドを受けることで、動きが早くなったり、力が強く出せるようになったりします。また、体のコントロール能力が向上するため、動きのコツをつかむのが早くなり上達も早くなります。
しかし、これは体の使い方が良くなるからであり、物理的に筋肉量が増えたり、上達に必要な経験を得ることが出来るわけではありません。
そのため、競技力を上げるためには、各競技に必要な技術的な練習や筋力トレーニングが必要です。
ただし、アクシスメソッドによりトップアスリートや達人が長い時間をかけて作り上げていた中心軸が作られるため、同じ練習やトレーニングをしても、競技力の伸びが全然違ってきます。

 

 どのような競技に有効なのでしょうか?

野球、サッカー、バスケットボール、バレーボール、テニス、卓球、バトミントンなどの動きの激しいスポーツから、ラグビー、アメフトなどのコンタクトスポーツ、アーチェリー、ゴルフなどの動きの少ないスポーツなど、あらゆるスポーツはもちろん、空手や柔道、ボクシングや剣道、合気道などの格闘技や武術、また、エアロビクスやヒップホップ、社交ダンスにバレーなどのダンス全般、スキーなど、身体能力が関係しているモノは全て有効です。

 

 治療とは、違うのですか?

治療は「痛み」や「重だるい」などの症状を改善することを目的として行いますが、アクシスメソットは「身体能力を向上させる」ことを目的として行います。
言い方を変えると、悪い状態から普通の状態に戻すのが『治療』で、普通の状態、または良い状態から更に良い状態にするのが『アクシスメソッド』です。

 

 メソッドを受けることで副作用とか弊害は無いのですか?

アクシスメソッドは、強い負荷をかけて能力を無理やり引き出すものではありません。
頭部に軽い刺激を与えるだけで調整を行い、本来持っている個々の動きを取り戻させるメソッドなので、副作用や弊害はありません。

 

 アクシスメソッドは1回受けると、どのぐらい効果が持続しますか?

初めてアクシスメソッドを受けられた場合の持続時間はおよそ20日〜1ヶ月程度です。1ヶ月ずつ半年間継続して頂くと、神経の働きを阻害する出来事(交通事故、アルコールの過剰摂取)などがなければ、数年〜数十年は効果が持続する体に変わっていきます。(※個人差があります。)

 

 試合直前にアクシスメソッドを受けたいのですが、受けられますか?

試合に備えてアクシスメソッドを受けられる場合は、試合の3日前には受けて頂くことが理想的です。アクシスメソッドを行うと自分の感覚以上の強い力を簡単に出せるようになってしまいます。特にゴルフなどの体の微細な感覚が重要なスポーツにおいては、アクシスメソッドでパワーアップした体の使い方になれるまでは力に振り回されることがあるため、調整練習を行う期間を設けるようお願いしております。