アクシスメソッドとは

アクシスメソッドとは「ある法則」に基づいて頭蓋骨に軽く刺激を与えることで『脳』にアプローチし、今ある最高のパフォーマンスを引き出すことができる、世界で初めて開発されたメソッドです。
今のあなたの身体能力は限界ではありません。世界の超一流選手や、古来武道の達人たちが持っている身体感覚をその場で手に入れることができるのです。

アクシスメソッドとは
アクシスメソッドとは
1.動きのコツを早くつかめるようになる

同じように教えられ練習をしても、早く上達する人とそうでない人がいます。
いわゆる「運動神経がいい」「運動センスがある」と言われる人は、身体の使い方が上手く、人よりも早く動きのコツをつかむことができるのです。
アクシスメソッドで中心軸を作り出すと、身体の使い方が変わり、動きのコツが習得しやすくなります。

2.イメージ通りに動けるようになる

練習や試合でどのように動いたら良いのかイメージはできていても、その通りの動きはなかなかできないもの。
中心軸ができると、コアマッスルとアウターマッスルを含めた全身の筋肉がうまく連動して動かせるようになるので、イメージした動きを再現しやすくなります。

3.フォームが美しくなる

美しいフォームであることは、どのような競技でも上達の肝となるものです。
筋肉がうまく連動していない状態で練習を繰り返すと、間違えたフォームが体に刷り込まれていくことになります。
中心軸を作り、全身の筋肉がスムースに連動して動くようにしてから練習することで理想的なフォームを短期間で身につけることができます。

4.パワーやスピード、柔軟性などの向上

筋肉がスムースに連動するようになるということは、例えば、これまで5つの筋肉で動いていた動きを、10の筋肉を使って動くようになるということ。
5つの筋肉で動くより、10の筋肉で動くほうがパワーは出ます。
もちろん、スピード、柔軟性、可動域などでも同じことが言えます。
また、複数の筋肉が連動して動くようになると、ひとつの筋肉にかかる負担も少なくなるため、スタミナが高まります。

5.怪我のリスクの軽減

中心軸からのナチュラルでスムースな動きができるようになることで、特定の筋肉にだけ負担や疲労が集中することがなくなるのと、動きが滑らかになるために衝突や転倒したときも、柔らかな対応ができるようになるため、怪我のリスクが減ります。

これまで、すべての競技において中心軸を作ることを目標として練習やトレーニングを行っていました。
しかし、アクシスメソッドを使えば、先に中心軸を作り、軸からの動きができるようになった体で、練習やトレーニングをすることが可能になります。

5.怪我のリスクの軽減